• HOME
  • ブログ
  • Features
  • JR北海道土日ダイヤを導入 来年3月から札幌圏の一部列車の運休/運転取りやめ

JR北海道土日ダイヤを導入 来年3月から札幌圏の一部列車の運休/運転取りやめ

JR北海道は、来年3月の春のダイヤ改正をもって土日祝日ダイヤを導入すると発表した。

今現在は、定期列車は平日・祝日を問わず同じダイヤで運行されているが、輸送力の適正化を目的として札幌圏の一部列車の運転取りやめ・運休が実施される。

土日ダイヤは道内では馴染みがないものとなる可能性が高く、事前にダイヤを確認するなどが必要となってくる。

土日祝日に運休する列車は以下の通り

  • 札幌 7:09発  新千歳空港行 快速「エアポート70号」(手稲から直通)
  • 札幌 8:48発  新千歳空港行 快速「エアポート88号」
  • 札幌 20:18発 新千歳空港行 快速「エアポート202号」
  • 新千歳空港 8:05発 札幌行 快速「エアポート81号」
  • 新千歳空港 9:42発 札幌行 快速「エアポート97号」
  • 新千歳空港 21:07発 札幌行 快速「エアポート211号」 

〇手稲方面~札幌~江別方面

  • 手稲 6:42発 新千歳空港行
  • 手稲 7:03発 江別行
  • ほしみ 7:20発 苫小牧行(ほしみ~手稲間運休、手稲始発に変更)
  • 江別 7:15発 札幌行
  • 江別 8:03発 札幌行

〇学園都市線(石勝線)

  • 札幌 7:23発 あいの里公園行
  • あいの里公園 7:59発 札幌行

また、運転取りやめについては以下の通りとなる。詳細はJR北海道のHPから確認をしてほしい。

  • 札幌~手稲方面 3本
  • 札幌~千歳方面 4本

関連記事一覧