民族共生象徴空間ウポポイ、7月12日に開園

北海道白老町にあるウポポイ(民族共生象徴空間)は、新型コロナウイルスの影響で開園が延期となっていたが、7月12日に開園することがわかった。

同施設は北海道の先住民のアイヌ文化を広く広める中核的な役割を担う予定であったものの、新型コロナウイルス感染症の影響で開園が延期されていた。

緊急事態宣言や、移動制限が解除されたことを受けて、感染症対策の基本的対処方針や各種ガイドラインに基づく取組みを十分に講じた上で、ウポポイの開業を7月12日(日)とする発表した。

また開園に先立って記念式典を開業前日の11日(土)に行われる。

コメントを残す